11週目

妊婦はコーヒー飲めない?カフェインの胎児への影響は?【コーヒー牛乳やカフェオレも?】

こんにちは、ブーです。

妊娠11w4dになりました!今日は朝から雨で気温が下がって過ごしやすいです。

妊娠前は、朝起きてまず1杯のコーヒーが私の習慣でした。少し苦味があってコクのあるコーヒーが大好きで朝に飲まないと1日の始まりがしっくりこないというか、、、そんな習慣も妊娠がわかってからやめました。

ただ、妊娠前と味覚が変わったのか妊娠初期はコーヒーを飲みたくなりませんでした。1日1杯ぐらいは飲んでもいいかなぁと思っていたのですが、どっちかというと飲んだ後に気持ち悪い感じもして。

最近、またコーヒー試してみたいなぁという気持ちも出てきたのでなぜ妊婦はカフェインを控えないといけないか?調べました。

妊娠中のカフェインは胎児に影響する?!コーヒ以外のカフェイン入り飲み物食べ物

妊婦なら、ほとんどの人が「カフェインは駄目」と耳にしたことがあるんじゃないでしょうか?雑誌やインターネットで調べてもそういった内容のことを目にしますよね。

世界のリスク管理機関等で、妊娠中のカフェインの過剰摂取について注意がされているので紹介します。

妊娠中のカフェイン過剰摂取は胎児に影響する?

・WHO
いくつかの研究から、妊娠中のカフェインの過剰摂取は胎児の発育遅延、低体重での出産、早産、死産の可能性が高まる可能性があるとしています。そういったリスクを減らすために、カフェインの摂取量を減らす(300mg以下)ことを推奨しています。(*1)

・FOOD STANDARDS AGENCY(FSA)
イギリスの英国食品基準庁は、妊婦のカフェイン過剰摂取による胎児の発育遅延(低体重)や、流産、将来の健康リスクが高くなる可能性があると発表しています。妊婦の1日のカフェイン摂取量は200mg(カップ2杯のコーヒー)にすべきとしています。(*2)

・厚生労働省
上のWHOやFSAmカナダ保健省の発表をもとに、カフェイン過剰摂取の注意発起をしています。(*3)

最近読んだCNNのニュースでは、妊婦がカフェインを摂取しすぎると子供の成長過程で肥満などを招く可能性があるとノルウェー公衆衛生研究所の研究結果で発表されたとあります。
妊婦のカフェイン過剰摂取、子どもの体重増加リスクと関係か

こういったことからも、妊娠中のカフェインの過剰摂取には気をつけたほうがよいですね。

カフェインを含む飲み物や食べ物

妊婦はカフェインの過剰摂取に気をつけないといけないのは、上の注意発起からわかりましたが、どんな飲み物や食べ物にカフェインが含まれているか知っておくことも大事です。

100mlに含まれるカフェイン量
コーヒー 約60mg
紅茶 約30mg
緑茶 約20mg
コーラ飲料(コカ・コーラ) 約10mg
栄養ドリンク(リポビタンD) 約50mg
ココア 約10mg
チョコレート(明治ミルクチョコレート) 約15mg
薬(イブクイック頭痛薬2錠) 約80mg

カフェオレやコーヒー牛乳もコーヒを使っているので、カフェインが含まれています。

コーヒーだけじゃなく、いろいろカフェインが含まれてるんですね。カフェインの過剰摂取まではいかないですが、普通にコーラ飲んだり、チョコレート食べたりしてました。。。。

妊娠中はカフェインの過剰摂取に気をつけたほうがいいだけで、カフェインは絶対ダメ!ということではないので、コーヒーを何杯もガブガブ飲んだりしない限り大丈夫だと思いますが、普段よりも何にカフェインが含まれているか、少し気を使ったほうがいいかもしれませんね。

コーヒーをどうしても飲みたい場合は、1日1杯程度はいいんじゃないでしょうか???我慢し続けるとストレスになりますしね(*´∀`*)

(*1)WHO
(*2)FSA
(*3)厚生労働省

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です